小説・絵などのもくじ
- こちら - 。  -  (別窓)

saylus(俺)について
- こちら - 。   -   (別窓)

アルカナコレクション
- こちら - 。   -   (別窓)

 


るべれてん 【 saylus : [根性] 】

[ジョブ]
サラリーマン
フリーライター
見習いカトリック信徒
エクソシスト

[レベル]
21

[称号]
割愛

[HP]
2051 / 5634

[MP]
315 / 645

 

 

 

サイラスさんの小説事情スポンサー広告
> - Takuan nageruyo - 企画、始動ッ!!> サイラスさんの小説事情Peaceful Lullaby 関連
> - Takuan nageruyo - 企画、始動ッ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
諸君、私はネタが好きだ。



冬に 夏に 怪談に ネトゲに そして、リアルで活躍する




私はそんなネタが好きだ。



ごめん、イノセントネタは知らないんだ。
なら出すなって?ネタと聞けば出したくなるのがネタ師の心意気なのさヘイじょにい。
前のブログで言ってたジョニーって誰だよって?





川へ洗濯へ行ったジョニー。すると、大きな衣装タンスがどんぶらこっこーすっこっこーと流されてきた。
ジョニーが不思議に思っててこを使って衣装たんすを引き上げて中を見て見ると、毛皮のコートがもっさりはいっていた。
これを売り払うと大金が入るだんべ!!とジョニーが叫んで奥へ奥へと進んで行くと、そこは雪の女王が支配するナルニア王国だった・・・・・・。


と、ボケはここまでにしておいて。
正式に『Peaceful lullaby - Phantom of Nightmea - 』の
政策発表をしようと思います。
このゲームを世に送り出す事により文学者リナルディの地位を高めry







さて概要を。

ジャンル:異世界 中世風剣?と魔法のファンタジー

プレイ時間:とりあえず4つ国がある内二つ目の国の半分で4時間

難易度:レベル上げと金稼ぎは激しく省いてるんでテンポよく進めるハ
ズ。
ボス戦は難易度高めに設定するけど、ギリギリで勝てた!!って緊迫感出したいからそこそこは強くなるはず。んでも難易度は調整出来るようにしてみる。

推奨環境:暑くもなく寒くも無い場所で飲み物があればいいと思う。






今まで何度か掲載してたけど、全会話キャラに立ち絵があります。
多々使いまわすけどそこはご愛嬌。

下絵は全て紙に描いてスキャナーで取り込んで色塗りしとります。
地味に手間がかかってます。非常に報われない努力だけど。

システムとしては、あんまし凝ってないです。
最初の作品だしね。
ただ、スキルにユニークなのを入れてるからそこへん楽しいかも。




さて肝心のストーリーを全く言ってなかったので説明しよう諸君。




[概要]

ドワーフでありながらも別種族の特徴を持つバードの青年
『リナルディ・アリッサム』が
中年騎士エステフェ・クロイツァーや
女装皇子ドラクゥ・ロアや
ツンデレエルフ、パッシーニ・ヴェルナッツィと共に旅に出て
10年前に失踪したリナルディの父(シーツァ・アリッサム)の行方を探したり
キャラの過去を紐解いたり、8年前に突如与えられた魔法が
どんなんなってたのか調べたり、宵闇の鷹(昔の英雄さん)が何者だったのか
調べるお話。





この作品の大前提としては

・幸せって何?ナンなの?おいしいもの?

・勧善懲悪の世界では、正義が正しいと言う。
 そうとわかっているのならば、何故『悪』と言う物が
 何故現在も存在しているのか?

・『英雄』とは、本当に『英雄』なのか?

・本当に守るべきものは家族か、それとも他の大勢か?

・愛って何?何なの?一体何なんだよこんちくわ!!

・なるべくクリア後に後味を悪く(ここへん最低)

と言う5つの要素から成り立ってます。






文学的要素がとても強い作品で、更に厨ちっくなストーリーですが
ここへんは作者が稚拙だからって事で赦してくだs







さて、現在4つ国がある内の2つめの国中盤に差し掛かったトコなんで
まだまだがんがるよっ!!

シナリオのプロットは4つ目の国のさいしょだけd
まあ、あらすじは全部出来てるから赦してちょ。
あ、3つ目の国の追加シナリオまだ書いてないや・・・・・・
一体いつになったら完成するんだろ。




とりあえずキャラ紹介置いておきますね







主人公
リナルディ・アリッサム
性別:ネタに生きる男バード
種族:ドワーフ
年齢:18歳(ドワーフ年齢は人と同じ年齢)

キトゥエ帝国の科学者連盟である、ルー師団員中尉。
バードだから、と言う理由えとせとらで研究者となる。

母親は『リザーナ・アリッサム』で、南にある水の国
『ジオプトリー共和国』の歌聖だった人。
随分前に死んでるが、リナルディは母親の事を覚えてない。

父親は『シーツァ・アリッサム』で、キトゥエ帝国にある
2つの騎士団、『近衛騎士団』と『シーツァ騎士団』の
シーツァ騎士団長をやってた人。
別種族であるハーミットのエステフェ・クロイツァーを補佐においていた。

そのシーツァも10年前にアズラ・ロアの命により
旅に出てしまうので、本人は両親に捨てられたと思い込んでいる。

性格は天真爛漫。
ボケに関しては右に出るものが居ない。
稀にツッコミに回る事もあるが、ツッコミ所が明後日の方向。
自称モホだが、本当は断じて違う。
不謹慎ネタやシモネタを連発するが、いつもエステフェを怒らせるだけである。笑えないジョークなのさ。
その性格故にβακαと思われがちだが
本当は誰よりも優しく、そして弱くもある。

戦う時になると『めんどくさっ!!』とか『えー、平和的交渉で何とかしねえ?めんどーだし。』とか言うが、ただ単に人を殺したくないだけである。
が、全く緊張感のない交渉の仕方でもある。





皇帝殺しの皇子
ドラクゥ・ロア
性別:自称、女の子クルセイダー
種族:ドワーフ
年齢:不詳(乙女の年齢は聞くものではありませんよ?)

キトゥエ帝国の王族。
第一帝位継承者。
キトゥエ帝国は女帝国家なので、女尊男卑な国家故に
父親をひた隠しにしている。


8年前に母を殺せるほど分別をつけていたから
少なくとも23歳以上である事は確かである。
しかしここは年齢について問うまい。怖ろしいから。

キトゥエの国教により刃物を装備する事は出来ないが
長フォークの扱いには長けており、エステフェには及ばずとも
ステータス異常を引き起こす打撃攻撃は得意である。
序盤は強くも無く弱くも無い目立たないキャラだが
後半になるにつれ回復能力はトップクラスになる。

アズラ・ロア(ドラクゥ母)によってハーミットであるエステフェがパワハラされていたので
シーツァがエステフェを庇っていたから
本来は近衛兵長のヘル・ラベイルを行かせるつもりだった任務を
邪魔払いと言う意味でシーツァに行かせた。
しかしヘルは王族を嫌っており、シーツァを追い払って彼女が喜んだかは疑問である。


八年前に自らが手を下した母殺しについては後悔していない。
が、人殺しについては後悔をしているので償いの為に修道女になった。
罪滅ぼしの為に人助けをしているが、それが無ければ冷酷無比な性格。
自分に関わるもの以外は助けようとしないのが彼女である。



大人しい性格だが、時たまラスボスよりも怖ろしくなる。








『ライサントの槍』
エステフェ・クロイツァー(ファンス・ライサント)
性別:おっさん騎士
種族:ハーミット
年齢:415歳(よいこの年齢。ファンスは115歳。いいこの年齢。
ドワーフ年齢に換算すると、エステフェ34歳、ファンス18歳)

西にあるハーミット治める風の王国、『ライサント王国』
の脱走英雄。

父はザーウスラウト・ライサント
母は、ケイラ・ライサント
父親は類を見ない不真面目さだが、エステフェ自身は類を見ない生真面目さ。
まさに職業軍人。むしろ超カタブツ。侃々諤々。
おまけに、某騎士から
『ファンス節、通称かつお節だな。ソーラン節でもいいぜ?』
と名づけられる程、自論を説く機会が多いようだ。
よって、彼の周りに居る者は耳栓を携帯しているらしい。
本人は全く気がついていないけど。

今のライサント王国の刑法を作ったのも彼である。
食い逃げをしたらキャベツ畑無賃労働一年とか
万引きをしたら盗んだものの製造工場で一年づつ無賃労働とか
他国で犯罪を犯した者は、人の目をひきつける一発芸をしないと
入国させない、とか
とんでもなくユニークな法律を乱作している。
しかし、300年間変わっていない所を見ると効果はてきめんらしい。



通常のハーミットは翼が灰色なのだが、エステフェは黒色。
通常のハーミットでは使えない強化魔法や補助魔法が使えるが
サンダーやウィンド等の純魔法スキルは魔力が低い故に
威力低めでしか使えないらしい。
ストーリー上魔法が使えないと困るから使えるようにはするけど。


ゲームの舞台となる『デーニッツ大陸』では
誰でも口を揃えて『英雄』と讃えるファンス・ライサントだが
本人は英雄と呼ばれる事を嫌い、ファンス・ライサントの名を捨て
エステフェ・クロイツァーとしてシーツァに仕えている。



部下にアンコナ・ラツェンダを持つ。
アンコナの性格から、リナルディに『おホモだち』だの
『アンコナはエステフェの保護者』だの酷評されるが
エステフェと一緒にドワーフの国に逃げてきたのはワケがあるらしい。
けれど、エステフェもアンコナも理由を聞かれると話をいつもはぐらかす。


熱しやすく冷めやすい性格の持ち主。
一度熱すれば非常に好戦的になるが、冷めればとことん戦わない。
リナルディの保護者的存在・・・・・・だが
そのせいでリナルディにモホと思われている。

相手が敵意を持っていると感じると躊躇せずに攻撃するが
子供相手には刃を向けられない。
戦いを極力避けようとするリナルディとは、ここへん正反対。








ツンデレ灰エルフ
パッシーニ・ヴェルナッツィ
性別:男
種族:灰エルフ
年齢:19歳

本人は『セイレーンと黒エルフのハーフでありますっ』と
主張しているけど、本当はどうなんだろうか。
白エルフのようにボウガンの扱いに長けて
黒エルフのように魔法の扱いにも長けている、ウィザードである。

母は黒エルフのアリス・ヴェルナッツィ
父は白エルフの王であるヴァレンティーニ・ロイド。
それ故、保護者役兼護衛である
黒エルフの魔術師である『ヴァリーニ・カペリャーニャ』を
ジークスロイド共和国に残して一人旅をしている。
ジークスロイド共和国の科学者連盟であるルー師団の中尉。

そりゃルー師団の元ネタが『ルーテネンテ』、つまりは中尉だからさ。



極度のツンデレ。だが、悪いヤツではない。
自分の所為で殺されたレシャと言うエルフの女性に負い目を感じている。
直接謝りたいと思ってるワケなんだけど・・・・・・。











・・・・・・さて、作品のSSものっけるべきですか?(キクナ
とりあえず本棚作成に忙殺されてるんで、次はストーリーを細かく解説していこうと思います。合掌。何で?
















追伸
Peaceful lullaby - Phantom of Nightme -

直訳すると、『幸せな子守唄 - 悪夢の亡霊 - 』ですね。
イミフです。何でしょう。
作風自体が『幸せな子守唄』だからさ。

とりあえずは子守唄の亡霊だの幸せの亡霊だの悪夢の亡霊だの
そんな名前のボスが出てきます。
時々、Dの中尉とかエステフェとかわら人形とか
ほんっとーにムダ過ぎるボスが出てくるけど。フフフフフ。



2007.08.16(00:33)|Peaceful Lullaby 関連コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
カテゴリー
最近の記事
せぶんすどらごん
アルカナこれくそん
 

saylusです。
斧使いです。
ふざけた装備の時は
支援仕様なので、
魔法ぶち込んでください。

さぽている
 

ローランですとも。

ブログでレベルアップ
リンク
最近のコメント
さいらすについて
おれの生態についての報告欄。

saylus

Author:saylus
【HN】
サイラス(saylus)
最近は浩介とも名乗ってます。

【ジョブ】
ニート。
病気療養中、とも言う。
とは言いつつも、ゲームシナリオを書き続けAIONをし続ける日々。
すごく・・・謎ニートです・・・。

【GID治療】
男ホル注射さぼってます。
理由は、お外に出ると一日中頭痛と吐き気が止まらないから。
生き残りたい。

【スペック】
生年月日:平成元年4月28日
年齢:今年で22才
性別:フツーの兄ちゃん
その他:条件、眼鏡等。但しAT車に限る。
身長:ちみっこい
体重:一ヶ月で10kg痩せた
性格:
自称、ただのにーちゃん
他称、悪人、変態、など様々である。

【好きなもの】
おっさんキャラ。特にFF7のシドとうたわれのクロウとFFTのダイスダークは別格。ゼノギアスのジェサイアとシタン先生も好き。
ガタイのいい男キャラ
パラディン/クルセイダー
ROの女プリースト系のスリット
及び、女教授のふんどし。
アルベール・カミュ作品全般
シャルルマーニュ伝説
エッダ、カレワラ、ケルト神話。
ゼノギアスとFF全般
ベルセルクとクレイモア
3と9と11と10-2,12はやった事が無い。
FFTのダイスダークはおれの兄。シドルファスは俺のパパン。
アルルゥとアグリアスたんとゼノギアスのマリアたんとマルーたんと雛苺はおれの嫁。
誰が何と言おうと、死んでもアルルゥと雛苺だけは誰にも渡さん。
チェスも好き。紅茶も愛してる。
アールグレイとダージリンとセイロンウバとアップルティーとカモミールティーは最高だ。

【嫌いなもの】
和風スイーツ(笑)ほぼ全て。きなことかもう大嫌い。
とろけるチーズ嫌い。でもピザのチーズはセーフ。
チーズハンバーグとかチーズバーガーとかはアウト。
後、SFモノの作品もあまり好きじゃない。
和風ファンタジーもあまり好きではないかな。
後、女性の立場を上げよう!って団体も嫌い。もう十分じゃねーか。

正直どちらかと言えば和食派。
肉より魚派。
揚げ物より煮物派。
東京で行ってみたい所は浅草。
旅行に行きたい所は京都。テラへ。
半年以内に叶う夢は甲斐性のある男になる事。
これから先の夢は子供を持つ事。
野望は生涯焼きそばとスパゲッティーとさばみそへの愛を貫く事。しいたけも大好きだよ。愛してるよしいたけ。

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。