小説・絵などのもくじ
- こちら - 。  -  (別窓)

saylus(俺)について
- こちら - 。   -   (別窓)

アルカナコレクション
- こちら - 。   -   (別窓)

 


るべれてん 【 saylus : [根性] 】

[ジョブ]
サラリーマン
フリーライター
見習いカトリック信徒
エクソシスト

[レベル]
21

[称号]
割愛

[HP]
2051 / 5634

[MP]
315 / 645

 

 

 

サイラスさんの小説事情スポンサー広告
> 冬休みなぞ無いお兄さんの浪漫> サイラスさんの小説事情サイラス日記
> 冬休みなぞ無いお兄さんの浪漫
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑



今日は、ずっと書きたかった小説から入ろうと思う。
小説じゃなくてショートストーリーだな。




  【 Je suis revenu. 】


 ―― おかえりなさい。
 ―― ここが、貴方の時間の終点です。

 私は本棚に本を戻し、一通り本棚に置かれた本の背表紙をなぞってから、懐から一枚の
紙切れを取り出した。
その中には、『Rét rospective』と書かれていた。
これこそが私の始点であり、私の終点でもある。

 ―― おかえりなさい。貴方の人生に、与りし物があらん事を。
 ―― 行ってらっしゃい。貴方の人生に、与れし物があらん事を。

 私はガ・ジャルグを手にとって、埃を被った金属の取っ手に手をかけた。


 私はこの靴が大好きだ。
長年履き古して、硬化してしまったこの革靴が大好きだ。
人はこの革靴を、襤褸と言い嫌悪感を露にして火に投げ込むだろう。
しかし私は、そんな輩にこそ嫌悪感を覚える。

 この革靴を入手した当初は、誇らしさで胸がいっぱいだった。
私に合わせてしつらえたと靴職人は自慢げに言ったが、とても窮屈な靴だった。
長距離を歩けば足の皮が剥け、山道を歩けば幾度も肉刺が出来ては潰えた。
 それでも私は、この靴を手放さなかった。否、手放せなかったと言った方が正しいだろう。
 この靴こそが私を証明するものであり、私の居場所を作ってくれるアイテムであり、
私の所有する事の出来るありとあらゆる者を与えてくれる代物だからだ。

 幾年も履き続けたこの靴は、今ではもう完全に私の足にフィットしている。
 何度取り替えたか知れない靴紐を固く結んだ後、軽く脛を叩く。
その行為自体には、正直な所意味は無い。が、気がついたらいつもやっている癖だった。
 私は外套を羽織り、剣を腰に携えた所で軽く手を挙げ、一言呟いて玄関扉に手をかけた。
 先程まで私の後ろに居た女は一言呟いた後、穏やかな笑みを浮かべて驚愕の表情を浮かべた。

私はその時、彼女に「あぁ、ただいま」と呟いただけだった。
彼女もまた、靴紐を緩めていた私に「お帰りなさい、セヴラン」と声をかけただけだった。










 私は、この赤い槍が大好きだ。
同時に、私はこの赤い槍が大嫌いだ。
この槍は、私に勝利を与えてくれる。
この槍は、私の大事な者に敗北を与えてくれる。
だからこそ、私はこの槍を愛していた。


「おーい、セヴラン!そろそろ行こうぜぇ」
「わかった。行くぞ、バジル、ヨーカ!」

 私が緑色のコートを羽織った、リット王国の近衛騎士団員のシナにそう声をかけられたので、
私の部下であるバジルとヨーカにその旨を伝えた。


「あいあい、ちゃっちゃと行って魔王さんとやらを皆殺しにして来ますかぁ」


 愛用の剣と盾を背に結わえた、青いサーコートを纏ったバジルがゆっくりと歩み寄ってくる。


「目下敵は我らに気付いて居ないようです。と言うより、護衛一匹居ないのですが・・・。
 気付かれていて、罠を仕掛けられたか・・・もしくは、敵が余りに能天気なのか。
 私にはわかりかねます」


 紫の短髪を風に靡かせながら、白と紫の紋様が入ったサーコートをはためかせながら、
ヨーカが大またで歩み寄ってくる。


「バケモンがそんな高い知能を持ってるワケねえだろ。
 連中はバカなんだよ。今から自分らが殺される・・・って事すら予測出来ねぇ程に、な・・・」


 シナがそう馬鹿にし腐った様に言い放った後、愛用のロッドを構えた。


「ヨーカ、回復は任せたぜ。
 バジル、俺とヨーカの護衛を頼む。
 セヴラン、俺の詠唱の邪魔をしない様に適当に突っ込んで敵サンを切り刻んでこい。
 俺は大魔法を片っ端からブチ込んでやる!
 全員、突撃ッ!!」


 一メートル程のロッドを振りかざし、シナは答える。
しかし、それに応じる者は誰一人として居なかった。


「・・・・・・おい、てめぇら。
 折角俺がキメてンのに、ブチ壊す気かよ」

「だーって、ここで突撃しても意味が無いじゃないですか。
 これだからお城に引き篭もって人形相手に槍を振り回している騎士様は困る」

「んだと?!」


 セヴランがそう近衛騎士を茶化した後、背中のホルダーから赤い槍を取り出して、天に掲げた。


「皆、生きて帰ろう。
 この戦いが終わったら、リット王国に真の平和が来ると信じて。
 私たちが・・・・・・明日から、リット王国の英雄になろうじゃないか!」


 そうセヴランが言うと、バジルも剣を抜いてセヴランの槍に刃先を合わせた。
それに習って、ヨーカも両手持ちのバルサにルビーが埋め込まれたスタッフをセヴランの槍の
刃先にあわせた。
 それを見て苦虫を噛み潰したような顔をしていたシナだったが、やはりシナも空気を読んで
従い、長いロッドを赤い槍の刃先に合わせた。


「皆、この戦いが終わったら、真の平和を謳歌しよう!」


 その掛け声に合わせて、無言で各々の武器を掲げた後、彼らは城に突撃した。
真っ暗で、不気味な魔王城に。














超☆死亡フラグ。
あーすっきりした。書きたかったネタだったから。やっぱり続きます。
セヴランで「ん?」と思ったヤツ。そう、そのパテクリッガさんだ。
シュヴァリエの原点はパテクリッガさんなんだよ!!!
どうでもいいけどパテクリッガって、parent+creverなんだよね。スペル間違いかもしれないけど。
つまりは、賢いパパン。
いいお父さんですとも。えぇ。
この時代はまだパパンじゃないけど。





冬休み中止のお知らせ。
SQLが見事に落ちたので、SQLの冬になりました。
明日からまた学校です。畜生。
明日は世間一般ではクリスマスイヴですね。
世界最強のペテン師の誕生日です。
死んじゃえばいいのに。
だから俺、献血に行こうと思います。
15時半くらいに博多駅に行ったら多分俺に会えます。
博多駅で献血してきます。
聖なる夜に、聖なる血流されん事を。って、ルフォンさんが言ってた。
大好きです、献血。ジュース貰えるから。



リクルートスーツ買ってきた。
パンツ、スカート、ジャケット、ブラウス全て込みで9800円なり。
裾上げ込みで+520円くらい。
何とも安上がりな。
高いのを買って就職後も粘るか、安いのを買って就活中だけと割り切るか。
人の話を聞いている限りではどうやらリクルートスーツは就活中だけしか着れないそうなので、
安くてそこそこ持ちそうなのを買ってきましたとも。

後、チャコールグレーがいいなぁと(イメージ的に)思ってたけど、やっぱり他人は黒が多かった
んで他人にツッコミ入れられないよう無難に黒のスーツ買いましたとも。
喪服に転用出来ると思ったけど、お葬式に行くような状況になりたくないからそこまで考慮
したくないな。

カバンも買ってもらった。
保存場所に凄く困る。
俺の性格が、もうとっことんずぼらだから部屋が汚いの何のって。
洗濯物も普通に一週間以上溜まる。いや、ちょくちょく洗ってるけど。部屋干しだし。
おまけによく着る服しか洗濯してないしネ。
そんなワケで継母様と父様にこってり絞られた後、俺の体系についても突っ込み入りました。
いや、俺、元から体重の上下が激しくってな。
真夏と真冬の体重の差が・・・±5kg以上余裕であるんじゃないかと。
今年はこれでも上下が低いんだぞ。たったの1.5kgくらいしか違わないんだぞ・・・。
俺ダイエット頑張った。滅茶苦茶頑張った。だけど冬には勝てなかった。
それだのに怒られた。ちくせう。
あー痩せたい。10kgくらい。適正体重下回るけど。




そんなワケで、今週いっぱい冬休みなぞありません。
冬休みって何?クリスマスって何?それってうまいのか?あぁ、チキンが食いたい・・・。



畜生、何で彼氏が居るのにクリスマスをエンジョイ出来ぬのだ!!
俺だって彼氏とイチャイチャしてぇよ!そりゃもうあははうふふしてぇよ!!!
ごはん、頑張って作ったの・・・。おいしいかなぁ・・・。口に合わなかったら、捨てちゃっても
いいからね・・・?まずかったらごめんね、まずいの食べさせたくないから我慢しないで捨ててね?
あっ口にクリームついてるぅ♪取ってあげるぅ♪きゃっらめぇ、そんなトコ触っちゃ・・・ハァハァ
ギシギシアンアン・・・な展開になりてぇよ!!!!!!くそったれがぁぁぁぁあああッ!!















今年も宜しく頼む、俺の脳内妄想・・・。









2008.12.24(00:55)|サイラス日記コメント(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
カテゴリー
最近の記事
せぶんすどらごん
アルカナこれくそん
 

saylusです。
斧使いです。
ふざけた装備の時は
支援仕様なので、
魔法ぶち込んでください。

さぽている
 

ローランですとも。

ブログでレベルアップ
リンク
最近のコメント
さいらすについて
おれの生態についての報告欄。

saylus

Author:saylus
【HN】
サイラス(saylus)
最近は浩介とも名乗ってます。

【ジョブ】
ニート。
病気療養中、とも言う。
とは言いつつも、ゲームシナリオを書き続けAIONをし続ける日々。
すごく・・・謎ニートです・・・。

【GID治療】
男ホル注射さぼってます。
理由は、お外に出ると一日中頭痛と吐き気が止まらないから。
生き残りたい。

【スペック】
生年月日:平成元年4月28日
年齢:今年で22才
性別:フツーの兄ちゃん
その他:条件、眼鏡等。但しAT車に限る。
身長:ちみっこい
体重:一ヶ月で10kg痩せた
性格:
自称、ただのにーちゃん
他称、悪人、変態、など様々である。

【好きなもの】
おっさんキャラ。特にFF7のシドとうたわれのクロウとFFTのダイスダークは別格。ゼノギアスのジェサイアとシタン先生も好き。
ガタイのいい男キャラ
パラディン/クルセイダー
ROの女プリースト系のスリット
及び、女教授のふんどし。
アルベール・カミュ作品全般
シャルルマーニュ伝説
エッダ、カレワラ、ケルト神話。
ゼノギアスとFF全般
ベルセルクとクレイモア
3と9と11と10-2,12はやった事が無い。
FFTのダイスダークはおれの兄。シドルファスは俺のパパン。
アルルゥとアグリアスたんとゼノギアスのマリアたんとマルーたんと雛苺はおれの嫁。
誰が何と言おうと、死んでもアルルゥと雛苺だけは誰にも渡さん。
チェスも好き。紅茶も愛してる。
アールグレイとダージリンとセイロンウバとアップルティーとカモミールティーは最高だ。

【嫌いなもの】
和風スイーツ(笑)ほぼ全て。きなことかもう大嫌い。
とろけるチーズ嫌い。でもピザのチーズはセーフ。
チーズハンバーグとかチーズバーガーとかはアウト。
後、SFモノの作品もあまり好きじゃない。
和風ファンタジーもあまり好きではないかな。
後、女性の立場を上げよう!って団体も嫌い。もう十分じゃねーか。

正直どちらかと言えば和食派。
肉より魚派。
揚げ物より煮物派。
東京で行ってみたい所は浅草。
旅行に行きたい所は京都。テラへ。
半年以内に叶う夢は甲斐性のある男になる事。
これから先の夢は子供を持つ事。
野望は生涯焼きそばとスパゲッティーとさばみそへの愛を貫く事。しいたけも大好きだよ。愛してるよしいたけ。

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。