小説・絵などのもくじ
- こちら - 。  -  (別窓)

saylus(俺)について
- こちら - 。   -   (別窓)

アルカナコレクション
- こちら - 。   -   (別窓)

 


るべれてん 【 saylus : [根性] 】

[ジョブ]
サラリーマン
フリーライター
見習いカトリック信徒
エクソシスト

[レベル]
21

[称号]
割愛

[HP]
2051 / 5634

[MP]
315 / 645

 

 

 

サイラスさんの小説事情スポンサー広告
> まあ俺が語るワケだが> サイラスさんの小説事情Peaceful Lullaby 関連
> まあ俺が語るワケだが
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
こんばんは
語りたい事があり過ぎて困ってるDの中尉です。




Dの中尉のDって何だよって?
ドレン中尉のDじゃありませんよ。
Dopper ganger、ドッペルゲンガーのDです。
要するにドッペルゲンガーの中尉。
生霊中尉ですね。怖ろしい固定ハンドルネームです。







さて、今日は語りたい事がたっぷりあります。
輪廻転生の話、食品添加物の話、tktkしてるゲームに関連した話。

前者2つは僕が個人的にメモ帳にまとめて俺の哲学fukeeeeeeでもするとして、今回はtktkしてるゲームの話をしましょうか。






いや、今回も、だ。
('A`)








まず一つ。



私は世界 世界は私

私は世界を語る為に存在し
世界は私に語られる為に存在する。


それは私の傲慢か?
否、違う。

私は私だけの世界を持っている。
だから、それを語る為に私は居る。

私には私だけの世界がある。
だから、それは語られる為にある。





さて早速電波が入りましたが、めげずに生きようと思います。







南キュンメル サベラ丘陵地帯






これが南部フィールド。





北キュンメルフィールド




そしてこれが北キュンメルフィールド。







南キュンメルフィールドは作り途中だけど、フィールドばっかし作ってます。
フィールド作るの楽しいです。特に山フィールド。

↑のは海岸フィールドだけどね!!






えー、とりあえず登ってるように見えればいいな。
まー別に、地形までは再現しなくてもいいと思うけど・・・
僕の頭の中に、デーニッツ世界の地形も刻銘に入ってるんで
出来ればそこまで再現したいな、と思いつつ。



何か設定だけやったらめったら多くなったなぁ。
いい感じにはしょりながら、ストーリーを作れるのだろうか。ううむ。









まあそんな事で、バーッとシナリオ作っちゃうのは
南キュンメルの町を作り終わってからですね。

南キュンメルだけは、町のシナリオを書き始めた当初から頭の中に
町の全体図が入ってるんで。
これは楽だ。



町フィールドのマップ数は7つ、1つのサイズが30*40くらい。
小さく分割して、大体こんなカンジになる。





  [入り口]    →   [海辺の商業地区]
    ↓             ↓
[警察署等の市民区] →   [海辺の商業地区]
    ↓
   [貧民街]     [港](その下にさらに船着場2つ)





こんなカンジですかね。
まあ、広そうには見えますが1マップは狭いんで。
ただ町人を置くから、出来る限り動作を軽くしようと言う魂胆です。
無駄なイベントにこそ力を注ぐべきなのだよ。フフフフフ。


何で平行四辺形は斜めってるんですか?
根性が曲がってるからさ。



大詩人2人の家、反乱軍の本部にシルフィーナ・ケセスティ船長の船・・・・・・
うっわ、3日以上はかかりそうwwww

まートッコロフィールドやザウクランケ平原
そして水と氷の国ジオプトリー共和国首都スペーディカの町の全体図を
構想しながら作りますかね。

スペーディカの町の全体図もやっぱり、頭の中に入ってるけど。
町だからBGMをワルツ調で統一して、フィールドも軽快なヤツがいいな。
自分の感覚で言えばお洒落なカンジの名前のキャラが多いし
町の西に劇場、中央に共和国議会で・・・
北西にアロンダイト騎士団本部、北東にエクスカリバー騎士団本部・・・
南東には『ビショップ』本部に南西には話と全く関係の無い『ルーク』本部・・・・・・

作るのが楽しくて楽しくて仕方がありません。
だって、頭の中で作ったモンが目に見える形でみるみる出来上がって行くんだもの。




もっとも、全てを表現するのは難しいですけどね。
少し話が性急すぎたかな?と思ったりする所もありますが
まあこれはこれでいいんじゃないかと思う節もあり。




作ってる途中で南無三宝とか思ってきちゃって手抜きするトコもしばしばあるけど。
ま、それもそれでいいんじゃないかと思うさー。
全ては出来上がってからの反応に頼るしかない、と。






さて、南キュンメルでのシナリオの根幹をちょっとだけ書いてみようと思います。
ネタバレじゃないから大丈夫だよ。






ある一人の騎士がいました。

その騎士は、この王国でも名高い 強い強い騎士さんでした。


その騎士さんは、ある日 敵にこう問われました。


『貴方は、何のために戦うのですか?』
『貴方は、何のために人を殺すのですか?』


と。


騎士さんは、迷わずに答えました。


『私が人を殺すのは、それが正義だから。』
『私が戦うのは、それが正しい手段だと思っているから。』


では、貴方の言う正義は何ですか?


人の平和を守る為。
自分の大事なものを守る為。

そして、失いたくない何かを探すため。




けれども、その騎士さんは知りませんでした。
正義とは何か?
人の命を奪ってまで、守らねばならないモノなのか?
犠牲を作ってまで、守らなければいけないたった一つのものなんてあるのか?




騎士さんは知りませんでした。
人の命を奪ってまで守る価値のある正義とは何か、を。
人を不幸にしてまで、守らなきゃいけないのは何だろう、と。





道が無ければ作ればいい、と人は言いますけれど。
それは、果たして本当に人生訓において正しい事なのでしょうか?

もし、その作った道が間違っていたら?
もし、その作った道が正義と反する『悪』だったら?




そんなの、進んでみない事にはわかりません。
だけど、信じて進んできた道だったら、それが『正義』になるでしょう。
例え、それが他人から『悪』と称されても。








だからその騎士さんは、自分の正義を守る為に戦う事にしました。
それが例え、他人から『悪』と称される答えでも・・・・・・。













えー。
ここまで書いておいてちょっと不安に。
このシナリオで行けば、確実に『その騎士さん』の死亡フラグが立っちゃうんですがwwww


厨シナリオにならないように祈るばかりです。

話を深く作ろうとすればする程、厨シナリオに近くなってきて困る・・・
僕の頭の中が厨だからか?


否、それはあるまい。
確かに勧善懲悪な香りのするお話だけど、『善』と『悪』の定義を定めていないから
(むしろ定められないから)勧善懲悪ではない。

キャラクターは勧善懲悪をしている気でいるけど、大きな流れから見れば
それはただの虚言でしかなくて。






この世界では、『敵』と『自分の正義を否定する者』が悪であって
『自分の正義に沿う者』と『味方』は正義であって。

だからどっちも悪で、どっちも正義なのさ。






ここまではありきたりに語られるお話。
でも、僕の場合はちょっと違う。




と、思いたいwww






正義の中にも『悪』はある。
もちろん、悪なりにも正義はある。

だから、ゲームをやっているプレイヤー側からはどちらが正しくて
どちらが悪なのかはわからないようにシナリオを作っている。


主人公は一応、どちらが悪でどちらが正義なのかってー
答えは出すけど、作ってる僕からすれば 主人公の決断は正しくない『悪』であって。






でも、それでも時の流れに抗いきれずに『悪』をも『正義』とせざるを得なくて。
無理を通せば道理が引っ込む、ってヤツじゃないんだけどね。
避け切れない悪を正義と考えて、妥協せざるを得なくなって。



それに、自分の心がついていけなくて
どうしても現状を認めたくなくて。









さて、そんな自己矛盾の多い作品で人を選ぶモンになりそうだと思うのですが。
きっと、それでも好きになってくれる人がいるかもしれないから。










僕は僕の夢の為に、Peaceful lullabyの世界を創り続けてやるさ!!





例えそれが、人に認められない駄作だとしてもね。













僕は僕の世界を語る為に物語を書く。

僕の世界は、僕にその生き様を書かれるために存在するからさ。






かしこ。




2007.09.20(20:20)|Peaceful Lullaby 関連コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
カテゴリー
最近の記事
せぶんすどらごん
アルカナこれくそん
 

saylusです。
斧使いです。
ふざけた装備の時は
支援仕様なので、
魔法ぶち込んでください。

さぽている
 

ローランですとも。

ブログでレベルアップ
リンク
最近のコメント
さいらすについて
おれの生態についての報告欄。

saylus

Author:saylus
【HN】
サイラス(saylus)
最近は浩介とも名乗ってます。

【ジョブ】
ニート。
病気療養中、とも言う。
とは言いつつも、ゲームシナリオを書き続けAIONをし続ける日々。
すごく・・・謎ニートです・・・。

【GID治療】
男ホル注射さぼってます。
理由は、お外に出ると一日中頭痛と吐き気が止まらないから。
生き残りたい。

【スペック】
生年月日:平成元年4月28日
年齢:今年で22才
性別:フツーの兄ちゃん
その他:条件、眼鏡等。但しAT車に限る。
身長:ちみっこい
体重:一ヶ月で10kg痩せた
性格:
自称、ただのにーちゃん
他称、悪人、変態、など様々である。

【好きなもの】
おっさんキャラ。特にFF7のシドとうたわれのクロウとFFTのダイスダークは別格。ゼノギアスのジェサイアとシタン先生も好き。
ガタイのいい男キャラ
パラディン/クルセイダー
ROの女プリースト系のスリット
及び、女教授のふんどし。
アルベール・カミュ作品全般
シャルルマーニュ伝説
エッダ、カレワラ、ケルト神話。
ゼノギアスとFF全般
ベルセルクとクレイモア
3と9と11と10-2,12はやった事が無い。
FFTのダイスダークはおれの兄。シドルファスは俺のパパン。
アルルゥとアグリアスたんとゼノギアスのマリアたんとマルーたんと雛苺はおれの嫁。
誰が何と言おうと、死んでもアルルゥと雛苺だけは誰にも渡さん。
チェスも好き。紅茶も愛してる。
アールグレイとダージリンとセイロンウバとアップルティーとカモミールティーは最高だ。

【嫌いなもの】
和風スイーツ(笑)ほぼ全て。きなことかもう大嫌い。
とろけるチーズ嫌い。でもピザのチーズはセーフ。
チーズハンバーグとかチーズバーガーとかはアウト。
後、SFモノの作品もあまり好きじゃない。
和風ファンタジーもあまり好きではないかな。
後、女性の立場を上げよう!って団体も嫌い。もう十分じゃねーか。

正直どちらかと言えば和食派。
肉より魚派。
揚げ物より煮物派。
東京で行ってみたい所は浅草。
旅行に行きたい所は京都。テラへ。
半年以内に叶う夢は甲斐性のある男になる事。
これから先の夢は子供を持つ事。
野望は生涯焼きそばとスパゲッティーとさばみそへの愛を貫く事。しいたけも大好きだよ。愛してるよしいたけ。

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。